« 結婚式 | トップページ | ヘルペスの薬 »

モーパッサン『女の一生』その1

 124_2444_1 実家から1冊だけかっぱらってきました。私の愛読書。モーパッサン『女の一生』です。

 実家の父がむかーしに買った中央公論社「世界の文学」全集の24巻。この巻は第4回配本で昭和38年5月初版。ということは44年前の本? 定価は390円也。

 「世界の文学」全集は家族の中では恐らく私しか読んでないと思うので、父亡き今、新居が出来たら全部もらってこようと思ってます。

 文庫で1冊買ったことがありますが、初めて読んだ訳がやっぱり良くて、今後これしか読まないと思います。中の挿絵もちゃんとフランスで出版されたものと同じものを使ってるし・・。
 内容はまた後日。

今日の LOW … ヤマト運輸に電話したら「保険料だけでも2500円かかります」と言う。「岡山からは500円で送った」と言うと「それでいいんですね」と言う。仕事で自分がちゃんと分かっていないことを、素人に強気で言う人間が一番嫌い。

今日の HIGH … 交通機関の乗り継ぎがよくて、P.M.3:22に自宅近くの私電→特急→新幹線→バスでP.M.7:00に家に着いた。快挙です。1人は身軽。

« 結婚式 | トップページ | ヘルペスの薬 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

女の一生なんて
しらなっかたよ
無知な自分が、恥ずかしい
又、機会があれば内容など
かいつまんで、書いてくださいね

私も家になければ存在自体知らなかったと思います。
高校時代、友人がドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』を読んでましたが、私はいまだにドストエフスキー読んだことありません。
内容は最近の昼ドラのようです。詳細は後日に。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/15074098

この記事へのトラックバック一覧です: モーパッサン『女の一生』その1:

« 結婚式 | トップページ | ヘルペスの薬 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック