« お茶 青年部総会 | トップページ | 片付け »

お花 75周年記念公演・特別講習会

 今日も12:30からお出かけ。お花の岡山支部が創立75周年ということで、岡山シンフォニーホールでの記念講演・特別講習会に出かけました。
 私は地元新聞社の山陽新聞カルチャー教室で習っているので、支部員ではないのですが(と思っているだけで、支部員なのかな? いや、でも会費払ってないから違うか)、習っている先生が支部長さんなのでチケットを購入。教室は支部長の先生と前支部長の先生が受け持っておられ、お2人とも着物で出席とのこと。「あなたも着物で来たら? 慣れてらっしゃるから」と言われ、昨日来た着物をそのまま着て出かけました。
 夫は今日は仕事で朝からいなかったので、遅く起き、家を出る前にぼーっと過ごしていたら、あっという間に時間に。慌てて着替えたけれど、バスに間に合わず、タクシーを拾おうと家を出る。休みだからかあまり流しのタクシーがいなくて、10分ほど歩いたところでようやくつかまえて乗りました。そこから歩いても10分の距離だけれど、もう時間ギリギリ。初乗り料金400円でした。2分で着いた。

 開会15分前なのに、外にまだまだ人がたくさんいて一安心。着物で来てはみたものの、着物の人はすごく少ない。しかも、着物の人は訪問着や付け下げ。私、安っぽい小紋で、名古屋帯なんだけど・・・。場違いでした。遅く行ったので席は2階の後ろのほう。席に入る入り口にお茶の青年部の人が。同じ流派だったのね。それにお花の青年部にもいるなんて、すごい! 私には到底まねできません。
 隣に座った人がどうも同じ教室の人っぽいけれど、なんだかちょっと違うような・・・。向こうも声をかけてくれない(着物だから気づかないのかな)ので、話かけませんでした。

 13:00に開会。NHKのアナウンサーの方が司会。むむ、あの人は夕方のニュースを読んでる、ひそかに「にょろにょろ」さんと名づけた人じゃあ・・・。舞台の上には支部長の先生と前支部長(正確には前前前前支部長)の先生が。上手にはお家元代行、理事長、他ご来賓の方々。まず、支部長の先生の挨拶。先生はなんの原稿も見ずに挨拶を(それも長い!)されて、感動しました。ええ。お家元代行もユーモアたっぷりのお話で、なんだか親近感。理事長の挨拶、山陽新聞の文化部長の挨拶、祝電披露、と続き、計50分の式典が終了。

 10分の休憩をはさんで、お家元代行の「私の生けばな史」というテーマでの講演。海外での支部の立ち上げにも携わった人ということで、西洋との比較も交えながら、日本の生け花の歴史、日本人の生け花観等、お話されました。15:30に終了。

 10分後、特別講習会。本部の先生がお弟子さん、青年部の方と力を合わせて、大作の講習。2m四方ぐらいの大きな流木に松の枝をいけ、3mぐらいの大きな赤い羽根を飾りつけ。次はダンスの舞台を見ているような、パフォーマンス。最後に、コニファーやくわずいも、ドラセナソングオブインディア等を使った、もうガーデニングといった感じのいけばな。終わりに祇園甲部の芸妓、舞妓さんの舞を3つ。お花もよかったけれど、京舞も素敵でした。眼福眼福。

今日の LOW … なんだか連日出かけてばかりで疲れた・・・

今日の HIGH … ちらっと見た熊川哲也さんの話が面白かった

« お茶 青年部総会 | トップページ | 片付け »

日々つれづれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/14050916

この記事へのトラックバック一覧です: お花 75周年記念公演・特別講習会:

« お茶 青年部総会 | トップページ | 片付け »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック