« ダーマ&グレッグ | トップページ | 1/28 アタック25 »

プレミアム10 サウンドオブミュージック

 「サウンドオブミュージック マリアが語る一家の物語」 本日、2/5(月)10:00から11:30の放送です。夫がK-1ワールドMAXを録画しているので、テレビで見るしかありません(魔裟斗は後でゆっくり)。食事後うとうとしていたら、10分見逃してしまいました。

 NHKでこの番組の予告を見ていた時から「マリアって、あのマリア? 生きてるの?」と勘違い。今日のマリアさんは、トラップファミリーの次女マリアさん。義母にあたるマリアさんと偶然にも同じ名前だったそうです。御歳92歳。目が半円を描いているかのような、にこやかなおだやかな素敵なおばあさまでした。

 孤児で修道院にいたマリアが家庭教師として貴族のトラップ一家にやってきて、大勢の子供たちに歌を教え、やがて結婚するというのは映画と同じ。修道院時代の教え子が、マリアは修道院の手すりにまたがって滑り降りていったと語ってました。本当に自由奔放だったみたい。修道院では手に負えないよねー。
 次女のマリアさんは母マリアに歌を習って音楽の道に進みます。ザルツブルグにあったモーツアルテウム音楽院に。そこでカラヤンと同じピアノの先生に習っていたようです!「カラヤンは普通の男の子でしたよ」と語ってました。
 その後、大恐慌が起き、トラップ一家は全財産を失います。邸宅を神学生に貸していた時、ミサに来ていた神父さんが歌の指導をしてくれました。家に滞在した有名なソプラノ歌手にコンクールに出ることを勧められ、見事優勝。トラップファミリー聖歌隊はヨーロッパツアーに出かけ、最後のパリでは12曲ものアンコール、大成功を収めます。そして、ナチスのオーストリア侵攻。優秀な指揮官であったトラップ男爵に召集令状、またヒトラー前で歌ってほしいとトラップ聖歌隊に依頼が。両親ともナチスを嫌っていました。マリアが家に来る前から執事をしていたハンスは、自分がナチ党であることを父に告げます。そのハンスがアメリカからのコンサート依頼があったとき、アメリカへ行くなら今しかないと手助けしてくれました(ハンスさん、えらい!)。

 結婚後生まれた2人の娘をあわせて総勢11名がアメリカへ渡ります。所持金4ドル。ブロードウェイにスイングジャズが流れるアメリカでは、聖歌隊の歌は受けません。セックスアピールが足りないと言われて、次女マリアは24歳にして初めて化粧をしたのでした。第2次世界大戦にアメリカが参戦し、オーストリアの服を着てドイツ語で歌うトラップ一家は敵性外国人としてFBIが調査に来たりします。ナチから逃げてきたのに皮肉。2人の兄弟はヨーロッパ戦線に送られ、残った姉妹たちでコンサートを続けました。その頃、故郷のオーストリアに似たバーモント州ストウに土地を買い、自分たちで家を建てました。本当に手作り! そこで野菜を育て、家畜を買い、一家は生活していきます。現在はそこでトラップファミリーロッジという宿泊所を経営しているようです。一度行ってみたい!(支配人は一家の末っ子ヨハネスさん)

 1947年に父が67歳で亡くなり、1956年には姉妹たちの結婚等でトラップファミリーシンガーズは解散。マリアさんは42歳でパプアニューギニアに宣教師として旅立ちます。そこで30年暮らしたそうです! 82歳のときにパプアニューギニアで知り合った男の子の教師になりたいという夢をかなえるため、自分の養子にしてアメリカへ連れてきました。その子いわく、「母は過去の不平不満を言わないし、今までの功績を自慢しないし、謙虚です。一緒にいて、そういうところを学ばせてもらっています」。かくありたいものですね。マリアさんは今、子供のための歌集(その名もサウンドオブチルドレンズミュージック)を作っているそうです。姉のアガーテさんも93歳でお元気そうでした。長男ルーペルトさんは医者として、アガーテさんはストウで初めての幼稚園を開き、次男のベルナーさんは酪農家として暮らしているそうです(長男さんはお亡くなりかも)。母のマリアさんは82歳で亡くなりました。ロッジの一画にトラップ家の墓地があります。

 マリアさんが幾度となく言っていました「心をこめて歌を歌うから、それがみんなに響く。歌はみんなの心に美しいものを伝えます」。

今日の LOW … チョコが手から滑り落ち、ゴミ箱へ。あーあ。

今日の HIGH … 姪からハガキをもらいました。

« ダーマ&グレッグ | トップページ | 1/28 アタック25 »

NHK」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
私も威儀を正して見ました。
人の生き方は顔に出ると言いますが
マリアさんは終始ニコヤカで気持ち良かったですね。
これを機会にトラップファミリー合唱団のCDを3枚注文しました。

私も長男のことが気になったので調べてみましたら分かっているだけで子供さんは3人がお亡くなりになられていました。

1951年2月 46歳 五女マルティナは娘ノットバーガを出産するが、娘と共にストウで死去。

1972年 67歳 三女ヘートヴィックがツェル・アム・ゼーにいるおばを訪ねた時に死去、享年55歳。

1992年 長男ルーペルトが死去、享年80歳。

はじめまして。コメントありがとうございます。
また、補足ありがとうございました。

3男7女の10人兄弟で、まだ7名ご存命なのですね。
長女のアガーテさんも93歳。みなさん長生きで、アガーテさんといい、マリアさんといい、本当ににこやかな素敵な方たちでした。

CD、私も買おうかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/13805845

この記事へのトラックバック一覧です: プレミアム10 サウンドオブミュージック:

« ダーマ&グレッグ | トップページ | 1/28 アタック25 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック