« My Birthday! | トップページ | ちゃんこ »

バレエ「白鳥の湖」鑑賞

誕生日プレゼント第1弾として、18日にバレエ鑑賞に行ってきました。
中学時代に後輩が招待してくれたバレエの発表会を見に行って以来の生バレエです。というか、本格的なバレエは初めて。

121_2197 演目は「白鳥の湖」
レニングラード国立バレエ
ゲスト出演、草刈民代さん



夕食用にパンを食べ、夫とバスで会場へ。たくさんの人でした。女の人が圧倒的に多くて、バレエを習っているらしい小学生もたくさん。座席は1階通路のすぐ後ろで、中央と左側の間の通路から4番目という、とてもよい席でした。コープのチケットセンターへ電話で予約したんだけれど、侮りがたし。

パンフレットを買って、早速予習。話の筋は分かったが、どこで拍手? 「主役のところと、あとはくるくる回るところかなあ」と話しているとはじまりました。舞台セットが天井高くからあって、雰囲気抜群。なんかこれ見られただけで来た価値十分といった感じ。オーケストラの演奏にあわせて、大勢の人が舞台に出てきました。「この間の宝塚と似てるなあ」と貧相な発想。そして、主役でない男の人と女の人の踊り。主役はいつ出てくるんだろう・・・と思いつつ、拍手してると出てきました王子。パンフレットに出てたちょっと年増(失礼)の人じゃなく若い人で、若さゆえのおバカな王子といった風情でgood。1場が終わると、ようやく草刈民代さんの登場です。やっぱりその他大勢とは違って、華がありますねー。他の人と違って足音もできるだけ立てないようにしているみたい。白鳥に変えられた王女の悲しみが繊細な動きで伝わってきました。

休憩をはさんで、第2幕。王子を誘惑するオディールを同じ草刈民代さんが演じていますが、第1幕とは顔の表情からして全然違っていました。くるくる回るところなんか、見てるこっちが目がまわりそう! 心から拍手! 最後は欺かれたと知った王子が「ああ、僕はなんてバカなんだ。どうしよう、お母さん」と王妃に泣きつき、「ああ、お前は本当にどうしようもないわねえ」と王妃がくらくらしてるシーンで終わり。ちなみにセリフは私のアドリブですので、あしからず。

ふたたび休憩後、第3幕。ここでは悪魔のロットバルトが大活躍。あの人が出てくるたびに、会場にくすっと笑みがこぼれるのはなぜでしょう・・・。またまた第2幕とは違った表情・表現で演じる草刈民代さんが素晴らしい。この頃にはすっかり舞台、音楽にのめりこんでいました。チャイコフスキーの音楽も最高です! 草刈民代さん、王子、ロットバルト(!)が何度もカーテンコールに出てくれて、拍手、拍手でした。とてもよいバースデープレゼントになりました。草刈民代さん、バレエ団の方、オーケストラの方、ありがとう!!最初は分からなかった拍手も、ソロの踊りが終わるたびに、舞台の真ん中で挨拶してくれるので、すごく分かりやすかった。また今度は違った演目で見に行こう!

今日のLOW … 定期購読の雑誌が折り曲げられて、ポストに入っていた。「折曲厳禁」って封筒に書いてあるんだけれど、クロネコヤマトさん。

今日のHIGH … Tさんからプレゼントが届きました!ありがとう!

« My Birthday! | トップページ | ちゃんこ »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/13593279

この記事へのトラックバック一覧です: バレエ「白鳥の湖」鑑賞:

« My Birthday! | トップページ | ちゃんこ »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック