« トリビアの泉 | トップページ | 税務署からのお尋ね »

飛ぶのがフライ

 ジル・チャーチルの新刊です! いやー、待った、待った。解説によると、前作(翻訳)が出たのが、5年2ヶ月前。あんまり出ないものだから、出版社に問い合わせをした読者も多かったとか。私も洋書を買って読もうかと思ったよ。無理そうだからやめたけど。やっぱり、浅羽さんの訳で読まなきゃ!

 そう、浅羽莢子さん。昨年9月にお亡くなりになられたそうで、ご冥福をお祈りいたします。虫の知らせというべきか、ちょうど9月頃、出版社のホームページで新刊チェックをしていた際、「そうだ、ネットで検索すればいいんだ」と思い立ち、ジル・チャーチルで検索したところ、浅羽さん訃報のブログ&浅羽さんご自身のホームページを見つけたのでした。浅羽さんの訳は、日本語の選び方に教養の深さが感じられ、軽妙洒脱な文章が独特の雰囲気を醸し出していて、とても好きだったのに。残念ですが、解説の方も言われてるように、ページをめくれば浅羽さんの訳に会えるのだから、これまでの作品をまた読み直したいと思っています。

 さてさて、本題。浅羽さんのホームページで訳が終わっていたのは知っていたのですが、いつ出るのか知らずにいたところ、ふらりと寄った本屋の平積み。「え!出てる」。抱えてレジへ急ぎましたとも。「714円です」との店員さんの声にびっくりしつつも(厚さ1cmの文庫だよ)、ジェーンに会えるのが待ちきれなくて、寄ったコーヒーショップで解説を。他にも読んでいた本があったので、寝る前にそっちを2~3章、ジェーンを2~3章と読んでいたのですが、人が殺されてからは、もうジェーン一筋。おかげで、お茶のお稽古、サーキットトレーニング遅刻しました。ちょうど1週間前の水曜日。

 「主婦探偵ジェーン・シリーズ」の第9作目。読まれたことのない方は、ぜひ1作目から読んでくださいね。じゃないと、重大な謎を先に知ってしまうことになるので。

 ストーリーは、3人の子持ちの未亡人ジェーンが、隣家の親友シェリイとサマーキャンプ候補地の下見に行くところから始まります。恋人で刑事のメルに「他殺死体がありゃ、君が蹴つまずく」と言われるジェーンですから、そこでも死体発見! シェリイと2人で謎解きをはじめます。今回はノートパソコンを使いこなしはじめたジェーンが、インターネットから重要な手がかりをつかみ・・・。

 今回は、メルが全然出てきませんでした・・・。メルとの進行具合が気になる私としては、ちょいショック(メルが発した言葉はメールでの2文字と、電話の伝言のみ)。でも、大好きなシェリイがたっぷり出てきて、ジェーンとの漫才のようなやりとりがとてもおかしい! このシェリイ、ジェーンの隣の家に住んでるレストランチェーン店(大好きな本なのに本棚に並んでない! たくさんある文庫・漫画の箱に入っているので探しきれません。間をあけて2度読んだからしまったんだと思う。レストランじゃないかも)の夫を持つ奥さんで、いつ掃除してるんだか分からないのに、家はきっちり片付いていて、身だしなみも明け方叩きおこされても完璧。誰に対しても強気な態度、しかし皆が当たり前のように従ってしまうというスーパーウーマンです。対する主人公のジェーンは国務省の父をもち、あちこち外国で暮らしたこともあるハイソな家庭に育ちつつも、その環境になじめず、郊外に住み、子供を学校へ送り迎えする平凡な主婦に憧れ、そのとおりになったことに満足してます。ジェーンはシェリイと違って、家事はあまり好まず、身だしなみもいいかげん。それでも2人は波長が合うのか、いいコンビで、ジェーンがメルとのデートに出かける際に、シェリイはコーディネートのアドバイスもしてくれる。こんなシェリイみたいな人が、隣の家に住んでて、お腹の底から話し合える親友だったらなあ、とジェーンが羨ましくてたまりません。

 このシリーズの特徴として、有名な小説や映画のモジリのタイトルがついています。今回の原題は「Fear of Frying」。「飛ぶのがこわい」のモジリでしょうね。下のそれでしょうか。

 その「フライ」。いつ出てくるんだ? と思いつつ読み進めていくと出てきました。あまりストーリーには関係ありません。苦肉の策? 謎解きのほうは、トリックはあまりにもオーソドックス。また、真犯人の殺人の動機も物語の最終にしか出てこなかったので、ちょっとがっかり。まあ、ある伏線についてはまったく気づかずにいたので、その点はよかったです。シリーズ9作目ともなると殺人事件をこしらえるのも大変そうで(その謎解きが一介の主婦だもんなあ)、トリックうんぬんは仕方ないことかもしれません。トリックよりも主人公と周りの人たちのやりとりの方が面白いので、未訳の6作も首を長くして待ってまーす。

 今日の LOW … なんだか体調が悪い。薬を飲んだら落ち着いた。

 今日の HIGH … お月様が満月近いですね。きれい。

« トリビアの泉 | トップページ | 税務署からのお尋ね »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/13734150

この記事へのトラックバック一覧です: 飛ぶのがフライ:

« トリビアの泉 | トップページ | 税務署からのお尋ね »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック